ビジネスマンの名刺

インターネットが身近なものになり、いろいろな業務にパソコンを使用する現代ですが、ある一定のものに関しては、あまり認められていないのも事実です。役所に提出する書類などは、備え付けのものを利用しなければいけません。役所内ではパソコンを使用し、その書類の処理にはパソコンを使用しているのですが、役所側が準備した書類に直筆で署名するようになっています。公的な書類のため印鑑や直筆のサインなど、偽造防止の役に立っているといえなくもないのですが、このような公的なものではないにも関わらず、パソコンでの作成があまり認められていないものがあります。それは名刺です。

ビジネスの世界名刺は公的なものではありません。身分証や免許証のように身分を証明する正式なものでもありません。ですが社会人(商売を仕事として行う人)にとっては必需品であり、商談や交流の場においては初対面同士は交換することが当たり前のようになっています。スマホ世代の人にするとどうでもよい話のように感じますが、このビジネスにおいて常識であり、出し方や受け取り方、さらに置き方もマナーとされています

ビジネスの世界において、名刺は業者印刷のものが常識とされています。名刺はプリンターで簡単に印刷できる時代なのに、なぜ業者印刷が常識なのか?相手は声には出さないが、なぜプリンター印刷の名刺は低く見られてしまうのか?次の項からはその理由に触れ、ビジネスマンにとっての業者印刷の良さに触れていきたいと思います。


<<関連記事>>